ACLAR® Flex 380 データシート

ポリクロロトリフルオロエチレン

Honeywellで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
Aclar Flex 380 is a 38 micron (1.5-mil) CTFE homopolymer high performance barrier film for the pharmaceutical and medical markets. Its high barrier and excellent dimensional stability make it ideal for flexible packaging applications such as pouches,
overwraps, and lidding.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • 北アメリカ
特徴 
  • オートクレーブ滅菌
  • バリア樹脂
  • ホモポリマー
  • 寸法安定性
  • 柔軟性
  • 耐クラッキング性
  • 高滅菌性
  • 高透明性
用途 
  • フィルム
  • 医療/ヘルスケア用途
  • 医療用パッケージ
 
形状 
  • ペレット
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度
g/cm³
ASTM D1505
フィルム
公称値
単位
テスト方法
引張り強度
    ASTM D882
MD : 降伏点, 1,5 mil
psi
 
TD : 降伏点, 1,5 mil
psi
 
引張り伸び
    ASTM D882
MD : 降伏点, 1,5 mil
%
 
TD : 降伏点, 1,5 mil
%
 
水分蒸発透過速度 (1,5 mil, 100°F, 100% RH)
g·mil/100in²/atm/24 hr
ASTM F1249
熱特性
公称値
単位
テスト方法
ピーク水晶化温度(DSC)
°F
ASTM D3418
光学特性
公称値
単位
テスト方法
ヘイズ (1,50 mil)
%
ASTM D1003
追加情報
Yield, No Standard: 12.37 m²/kg
Crystalline Melting Point, ASTM D4591: 211 °C
Dimensional Stability, ASTM D1204, MD & TD: -6 to-12 %
Tensile Modulus, ASTM D882. MD: 258000 psi
Tensile Modulus, ASTM D882. TD: 200000 psi
Graves Tear Strength, ASTM D1004, MD: 338 g/mil
Graves Tear Strength, ASTM D1004, TD: 495 g/mil
特徴
特徴 may also be described by the following terms: High Clarity, Barrier Resin, Good Crack Resistance, Crack Resistant, Good Flexibility, Flexible, Good Starilizability, Sterilizable, Autoclave Sterilization, Autoclave Sterilizable, Good Dimensional Stability, Dimensionally Stable, Homopolymer.
用途
用途 may also be described by the following terms: Lids, Medical Packaging, Film, Medical Applications.
Available Documents
Technical Datasheet (English)
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。