Propylplus 707E データシート

ポリプロピレン

Fainplast Compounds S.r.lで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
Propylplus is a range of polypropylene based compounds specially designed for those applications requiring superior thermo-mechanical properties, outstanding heat resistance and high electrical properties.
They can be used as primary insulation on multimedia, telecom, instrumentation wires, optical fiber cables and other applications where extremely thin wall thickness must comply with high performing properties.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • アジア太平洋地域
  • アフリカ&中東
  • ラテンアメリカ
  • 北アメリカ
  • 欧州
特徴 
  • 発泡性
  • 電気特性良好
  • 高耐熱性
用途 
  • ワイヤ&ケーブル用途
  • 光ケーブル用絶縁
  • 絶縁
成形方法 
  • 押出成形
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度
g/cm³
ISO 1183
メルトマスフローレート(MFR) (180°C/5.0 kg)
g/10 min
ISO 1133
機械特性
公称値
単位
テスト方法
引張り応力 (破断点)
psi
ISO 527-2/50
引張り歪み (破断点)
%
ISO 527-2/50
硬度
公称値
単位
テスト方法
ショア硬度 (支柱D, 15秒)
 
ISO 868
熱特性
公称値
単位
テスト方法
ビカット軟化温度
°F
ISO 306/A
電気特性
公称値
単位
テスト方法
体積抵抗率 (68°F)
ohms·cm
ASTM D257
誘電率 (1 MHz)
 
 
追加情報
公称値
単位
テスト方法
Emission of Halogenidric Acids
%
IEC 60754-1
Related Terminology
This supplier and product may also be known by these terms: Polypropilene, Polypropelene
樹脂の名称
樹脂の名称 may also be described by the following terms: Polypropilene, Polypropelene.
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Good Electrical Properties, High Heat Resistance, Heat Resistant, Expandable.
用途
用途 may also be described by the following terms: Wire and Cable Applications, Wire & Cable Applications, Insulation, Optical Cable Insulation.
Available Documents
Technical Datasheet (English)
押出成形
公称値
単位
 
シリンダーゾーン 1 温度
°F
 
シリンダーゾーン 2 温度
°F
 
シリンダーゾーン 3 温度
°F
 
シリンダーゾーン 4 温度
°F
 
ダイ温度
°F
 
押出に関する注意書き
Head Temperature: 230°C
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。