TIPPLEN® R 780 データシート

ポリプロピレンランダム共重合体

MOL Petrochemicals Co. Ltd.で提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
TIPPLEN R 780 is a random copolymer polypropylene with very high molecular weight for the extrusion application.

TIPPLEN R 780 is is well suited for fittings, extrusion of thin sheet for thermoforming, tubes and profiles, pipes. This grade is also recommended for extrusion blow moulded small containers and automotive application, foam manufacturing.

TIPPLEN R 780 is suitable for food contact. The product complies with Food Contact Regulations.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • 欧州
特徴 
  • ランダム共重合体
  • リサイクル可
  • 超高分子量
  • 食品接触用途可
 
用途 
  • コンテナ
  • シート
  • チューブ
  • フィッティング
  • プロファイル
  • 吹き込み成形容器
  • 発泡
  • 自動車用途
形状 
  • ペレット
成形方法 
  • シート押出成形
  • プロフィール押出
  • 押出ブロー成形
  • 押出成形
  • 熱成形
物理特性
公称値
単位
テスト方法
メルトマスフローレート(MFR) (230°C/2.16 kg)
g/10 min
ISO 1133
機械特性
公称値
単位
テスト方法
引張弾性率 (射出成形)
psi
ISO 527-2
引張り応力 (降伏点, 射出成形)
psi
ISO 527-2
引張り歪み (降伏点, 射出成形)
%
ISO 527-2
曲げ弾性率 (射出成形)
psi
ISO 178
衝撃特性
公称値
単位
テスト方法
ノッチ付アイゾット衝撃強度 (73°F, 射出成形)
ft·lb/in²
ISO 180/A
硬度
公称値
単位
テスト方法
ロックウェル硬度 2 (R-スケール)
 
ISO 2039-2
熱特性
公称値
単位
テスト方法
荷重たわみ温度 2 (66 psi, アニールなし)
°F
ISO 75-2/Bf
光学特性
公称値
単位
テスト方法
ヘイズ (39,37 mil)
%
ISO 14782
Related Terminology
This supplier and product may also be known by these terms: Tiplen
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Random Copolymer, Food Contact Acceptable, Ultra High Molecular Weight, Ultra High MW, Recyclable Material.
用途
用途 may also be described by the following terms: Containers, Foam, Tubing, Tube, Sheet, Profiles, Blow Containers, Blown Container, Automotive Applications, Automotive Sector, Fittings.
Available Documents
Technical Datasheet (English)
押出成形
公称値
単位
 
溶解温度
°F
 
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
2Injection Molded
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2020の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。