Addisil™ 6101 データシート

シリコン

モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
Addisil 6101, Momentive Performance Material's Silicone adhesive, is a one-component heat curable silicone adhesive sealant which will bond to many substrates without a primer and which will cure rapidly at elevated temperatures. This product has a very long working time at room temperature and will not cure completely until exposed to elevated temperatures.

Addisil 6101 silicone adhesive is a black, thixotropic paste, which can be applied to vertical or overhead surfaces.

Key Features and Benefits
  • One component product - no mixing required
  • Room temperature storage
  • Very fast cure at elevated temperature (in a range of 110°C to 230°C)
  • Primerless adhesion to many types of substrates (e.g. aluminum, copper, stainless steel, glass, enamel, ceramic)
  • No formation of cure by-products; low linear shrinkage
  • Non-corrosive to metals and sensitive substrates
  • Outstanding performance over a wide temperature range
  • Service temperature -50°C to 250°C
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • アジア太平洋地域
  • アフリカ&中東
  • ラテンアメリカ
  • 北アメリカ
  • 欧州
特徴 
  • チキソトロピック
  • 接合特性
  • 接着性良好
  • 熱硬化
  • 非腐食性
  • 高速硬化
用途 
  • シーリング材
  • 接着剤
 
外観 
形状 
  • ペースト
熱硬化性樹脂
公称値
単位
 
有効期限 (< 81°F)
wk
 
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Heat Cure, Bondability, Bondable, Fast Cure, Fast Curing, Thixotropic, Non-Corrosive, Non Corrosive, Good Adhesion.
用途
用途 may also be described by the following terms: Adhesives, Sealants.
Available Documents
Technical Datasheet (English)
キュア前の特性
公称値
単位
 
密度
g/cm³
 
硬化時間
     
392°F
hr
 
347°F
hr
 
302°F
hr
 
257°F
hr
 
キュア後の特性
公称値
単位
 
ショア硬度 (Shore A)
 
 
引張強度
psi
 
破断引張伸び
%
 
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2020の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。