TIPOLEN® EE 245-51 データシート

低密度ポリエチレン

MOL Petrochemicals Co. Ltd.で提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
TIPOLEN EE 245-51 is a low density polyethylene copolymer with n-Butylacrylate (nBA) intended mainly for extrusion and injection moulding applications where a combination of good processability with enhanced thermal resistance and a product toughness with lower stiffness a

TIPOLEN EE 245-51 is recommended for thin wall injection moulding, coating of parts and pipes, soft profiles and sheets, compounding.

TIPOLEN EE 245-51 is suitable for food contact and products. The product complies with Food Contact Regulation.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • 欧州
特徴 
  • コポリマー
  • リサイクル可
  • 加工特性良好
  • 食品接触用途可
 
用途 
  • コーティング用途
  • コンパウンディング
  • シート
  • パイプコーティング
  • プロファイル
  • 薄肉部品
形状 
  • ペレット
成形方法 
  • コーティング
  • コンパウンディング
  • シート押出成形
  • プロフィール押出
  • 射出成形
  • 押出成形
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度 (73°F)
g/cm³
ISO 1183
メルトマスフローレート(MFR) (190°C/2.16 kg)
g/10 min
ISO 1133
nBA Content
%
 
機械特性
公称値
単位
テスト方法
曲げ弾性率
psi
ISO 178
フィルム
公称値
単位
テスト方法
引張強度
psi
ISO 527-3
引張伸び
    ISO 527-3
MD : 破断点, 1,6 mil, ブローフィルム
%
 
TD : 破断点, 1,6 mil, ブローフィルム
%
 
衝撃特性
公称値
単位
テスト方法
ノッチ付アイゾット衝撃強度 (73°F)
ft·lb/in²
ISO 180/A
硬度
公称値
単位
テスト方法
ショア硬度 (支柱D)
 
ISO 868
熱特性
公称値
単位
テスト方法
ビカット軟化温度
°F
ISO 306/A120
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Copolymer, Food Contact Acceptable, Good Processability, Easy Processing, Recyclable Material.
用途
用途 may also be described by the following terms: Sheet, Profiles, Compounding, Compounds, Coating Applications, Thin-walled Parts, Thin Walled Parts, Thin-wall Parts, Thin wall Parts, Thinwall Parts, Pipe Coatings, Pipe Coating.
Available Documents
Technical Datasheet (English)
射出成型
公称値
単位
 
成形(溶融)温度
°F
 
押出成形
公称値
単位
 
溶解温度
°F
 
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2020の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。