Braskem PE LD4003 データシート

低密度ポリエチレン

Braskemで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
LD4003 is a Low Density Polyethylene produced under high pressure conditions in a tubular reactor. It offers good processability and excellent mechanical and optical properties.

Additives:
Slip and Antiblock

Application:
Films for general purposes, technical films for automatic packaging and blends with LLDPE.

Process:
Recommended processing conditions for film extrusion about 150 -165 °C. The optimum processing conditions will vary according to the type of equipment used and cannot be considered as performance guarantee.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • ラテンアメリカ
  • 欧州
 
添加剤 
  • Antiblock
  • Slip
 
特徴 
  • スリップ性
  • 光学特性
  • 加工特性良好
  • 耐ブロッキング性
 
用途 
  • フィルム
  • 混合
 
成形方法 
  • フィルム押出成形
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度 / 比重
 
ASTM D792
メルトマスフローレート(MFR) (190°C/2.16 kg)
g/10 min
ASTM D1238
フィルム
公称値
単位
テスト方法
シーカント係数
    ASTM D882
1%シーカント, MD : 2,8 mil, ブローフィルム
psi
 
1%シーカント, TD : 2,8 mil, ブローフィルム
psi
 
引張り強度
    ASTM D882
MD : 破断点, 2,8 mil, ブローフィルム
psi
 
TD : 破断点, 2,8 mil, ブローフィルム
psi
 
引張り伸び
    ASTM D882
MD : 破断点, 2,8 mil, ブローフィルム
%
 
TD : 破断点, 2,8 mil, ブローフィルム
%
 
落槍衝撃 (2,8 mil, ブローフィルム)
g
ASTM D1709
エレメンドルフ引裂強度
    ASTM D1922
MD : 2,8 mil, ブローフィルム
g
 
TD : 2,8 mil, ブローフィルム
g
 
光学特性
公称値
単位
テスト方法
光沢度
    ASTM D2457
45°, 2,76 mil, ブローフィルム
 
 
60°, 2,76 mil, ブローフィルム
 
 
ヘイズ (2,76 mil, ブローフィルム)
%
ASTM D1003
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Antiblocking, Unspecified Antiblock, Good Processability, Easy Processing, Slip, Unspecified Slip, Opticals, Good Optical Properties.
用途
用途 may also be described by the following terms: Film, Blending.
Available Documents
Technical Datasheet (English)
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。