STYRON™ 666H データシート

General Purpose Polystyrene Resin

Trinseoで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
STYRON™ 666H is a general purpose polystyrene with easy flow and good clarity. It is recommended for applications where a specific balance of flow and strength are important.

Applications:
  • Media enclosures
  • Disposable cups
  • Blending with HIPS

Complies with:
  • U.S. FDA 21 CFR 177.1640
  • Consult the regulation for complete details.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • アジア太平洋地域
特徴 
  • 強度
  • 高透明性
  • 流動性良好
用途 
  • パッケージ
  • 一般用途
  • 家庭用
  • 混合
 
規格、標準、規制、認可関連 
形状 
  • ペレット
成形方法 
  • シート押出成形
  • プロフィール押出
  • 押出成形
  • 射出成形
 
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度 / 比重
 
ASTM D792
メルトマスフローレート(MFR) (200°C/5.0 kg)
g/10 min
ASTM D1238
機械特性
公称値
単位
テスト方法
引張り強度 (降伏点, 射出成形)
psi
ASTM D638
引張り伸び (破断点, 射出成形)
%
ASTM D638
曲げ弾性率 (射出成形)
psi
ASTM D790
曲げ強度 (射出成形)
psi
ASTM D790
衝撃特性
公称値
単位
テスト方法
ノッチ付アイゾット衝撃 (73°F, 射出成形)
ft·lb/in
ASTM D256
熱特性
公称値
単位
テスト方法
荷重たわみ温度
    ASTM D648
264 psi, アニールなし
°F
 
264 psi, アニールあり
°F
 
ビカット軟化温度
°F
ASTM D1525
燃焼性
公称値
単位
テスト方法
燃焼定格 2 (0.06 in)
 
UL 94
Related Terminology
This supplier and product may also be known by these terms: Styron LLC
特徴
特徴 may also be described by the following terms: High Clarity, Good Strength, Good Flow.
用途
用途 may also be described by the following terms: General Purpose, Housings, Housing, Blending, Packaging.
規格、標準、規制、認可関連
This plastic material has 1 certifications from the following agencies (the number in parentheses shows the number of certifications for that agency): FDA (1).
Available Documents
Technical Datasheet
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
2This rating not intended to reflect hazards presented by this or any other material under actual fire conditions.
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。