Formolene® HB5502B データシート

高密度ポリエチレン共重合体

Formosa Plastics Corporation, U.S.A.で提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
Formolene® HB5502B is designed for applications requiring excellent stiffness and stress crack resistance properties. It may be used as a general-purpose blow molding resin or sheet extrusion thermoforming resin.

Formolene® HB5502B meets all requirements of the U.S. Food and Drug Administration as specified in 21 CFR 177.1520, covering safe use of polyolefin articles intended for direct food contact.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • 北アメリカ
特徴 
  • コポリマー
  • ヘキセンコモノマー
  • 一般用途
  • 食品接触用途可
  • 高ESCR(ストレス亀裂耐性)
  • 高剛性
用途 
  • シート
  • パーソナルケア
  • ブロー成形用途
  • 一般用途
  • 医薬品用パッケージ
  • 工業用容器
  • 工業用途
規格、標準、規制、認可関連 
 
形状 
  • ペレット
成形方法 
  • シート押出成形
  • ブロー成形
  • 熱成形
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度
g/cm³
ASTM D1505
メルトマスフローレート(MFR) (190°C/2.16 kg)
g/10 min
ASTM D1238
耐環境応力亀裂 (圧縮成形, F50)
hr
ASTM D1693B
機械特性
公称値
単位
テスト方法
引張り強度 2 (降伏点, 圧縮成形)
psi
ASTM D638
引張り伸び 2 (破断点, 圧縮成形)
%
ASTM D638
曲げ弾性率 (圧縮成形)
psi
ASTM D790
熱特性
公称値
単位
テスト方法
脆化温度
°F
ASTM D746
特徴
特徴 may also be described by the following terms: High Stiffness, Food Contact Acceptable, High Environmental Stress Cracking Resistance, High ESCR, Stress Cracking Resistant, Hexene Comonomer, Copolymer, General Purpose.
用途
用途 may also be described by the following terms: Sheet, General Purpose, Blow Molding Applications, Pharmaceutical Packaging, Industrial Applications, Personal Care, Industrial Containers, Industrial Containers.
規格、標準、規制、認可関連
This plastic material has 2 certifications from the following agencies (the number in parentheses shows the number of certifications for that agency): FDA (1), EC (1).
Available Documents
Technical Datasheet (English)
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
2タイプIV, 2.0 in/min
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。