Braskem PE BC-818 データシート

低密度ポリエチレン

Braskemで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
BC818 is a grade produced under high pressure in an autoclave reactor. In the coating process it presents very good optical properties, low neck-in, good film stability, and good adhesion on porous substrate. Without additives.

Applications:
Extrusion coating; injection of general parts and carrier for masterbatches.

Recommended process conditions:
Extrusion coating
  • Extruder type:
Screw W/D ratio 20:1
Compression ratio, 3 to 4:1
  • Temperature profile on horizontal extruder:
Barrel, from 150 to 340°C
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • ラテンアメリカ
  • 欧州
 
特徴 
  • ネックイン、低
  • 光学特性
  • 接着性良好
  • 添加剤無添加
 
用途 
  • コーティング用途
  • マスターバッチ
 
規格、標準、規制、認可関連 
成形方法 
  • 押出コーティング
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度
g/cm³
ASTM D1505
メルトマスフローレート(MFR) (190°C/2.16 kg)
g/10 min
ASTM D1238
フィルム
公称値
単位
テスト方法
引張り強度
    ASTM D882
MD : 破断点, 2.8 mil, ブローフィルム
psi
 
TD : 破断点, 2.8 mil, ブローフィルム
psi
 
引張り伸び
    ASTM D882
MD : 破断点, 2.8 mil, ブローフィルム
%
 
TD : 破断点, 2.8 mil, ブローフィルム
%
 
曲げ弾性率 - 1%シーカント, MD (2.8 mil, ブローフィルム)
psi
ASTM D790
落槍衝撃 (2.8 mil, ブローフィルム)
g
ASTM D1709
エレメンドルフ引裂強度 - TD (2.8 mil, ブローフィルム)
g
ASTM D1922
光学特性
公称値
単位
テスト方法
光沢度 (60°, 2.76 mil, ブローフィルム)
 
ASTM D2457
ヘイズ (2.76 mil, ブローフィルム)
%
ASTM D1003
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Good Adhesion, Low Neck-in, Low Neck In, Additive Free, No Additives, Opticals, Good Optical Properties.
用途
用途 may also be described by the following terms: Coating Applications, Masterbatch.
規格、標準、規制、認可関連
This plastic material has 1 certifications from the following agencies (the number in parentheses shows the number of certifications for that agency): FDA (1).
Available Documents
Technical Datasheet (English)
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。