Advanced Composites ADX-5001 データシート

ポリプロピレン

20% タルクフィラー、微粒子

Advanced Composites, Inc.で提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
Advanced Composites ADX-5001 はポリプロピレン 製品です 20% タルクフィラー、微粒子充填済み。 それは 北アメリカで利用可能です。 典型的なアプリケーション:自動車。 主要特性:高流動性。
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • 北アメリカ
フィラー/強化剤 
  • タルクフィラー、微粒子, 20% フィラー(重量)
特徴 
  • 高流動性
用途 
  • 自動車内装トリム
自動車規格 
形状 
  • ペレット
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度 / 比重
 
ASTM D792
メルトマスフローレート(MFR) (230°C/2.16 kg)
g/10 min
ASTM D1238
機械特性
公称値
単位
テスト方法
引張り強度 (降伏点)
psi
ASTM D638
曲げ弾性率
psi
ASTM D790
衝撃特性
公称値
単位
テスト方法
ノッチ付アイゾット衝撃
    ASTM D256
-22°F
ft·lb/in
 
73°F
ft·lb/in
 
硬度
公称値
単位
テスト方法
デュロメーター硬度 (支柱D)
 
ASTM D2240
熱特性
公称値
単位
テスト方法
荷重たわみ温度
    ASTM D648
66 psi, アニールなし
°F
 
264 psi, アニールなし
°F
 
Related Terminology
This supplier and product may also be known by these terms: Polypropilene, Polypropelene
樹脂の名称
樹脂の名称 may also be described by the following terms: Polypropilene, Polypropelene.
特徴
特徴 may also be described by the following terms: High Flow, High Melt, High MFI.
用途
用途 may also be described by the following terms: Automotive Interior Trim.
自動車規格
This plastic material has approval for 1 automotive specifications from the following agencies (the number in parentheses shows the number of specifications for that agency): CHRYSLER (1).
Available Documents
PP/TPO Processing & Troubleshooting (English)
Processing (English)
Technical Datasheet (English)
射出成型
公称値
単位
 
乾燥温度
°F
 
乾燥時間
hr
 
後部温度
°F
 
中部温度
°F
 
前部温度
°F
 
ノズル温度
°F
 
成形(溶融)温度
°F
 
金型温度
°F
 
クッション
in
 
射出に関する注意書き
Injection Pressure: 10% over max fill pressure
Holding Pressure: 50 to 60% of max fill pressure
Injection Speed: 1 to 3 inches/sec
Screw RPM: 1 to 2 secs before mold open
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2020の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。