ABSCOM® F350 データシート

アクリロニトリルブタジエンスチレン

Polymer Compounders Limitedで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
ABSCOM F350 is an easy flowing injection moulding platable ABS grade with exceptional performance. Typical applications include shower covers and domestic appliance covers.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • 欧州
特徴 
  • めっき性
  • 高流動性
 
用途 
  • バスルーム付属品
  • 機器部品
 
規格、標準、規制、認可関連 
形状 
  • ペレット
成形方法 
  • 射出成形
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度
g/cm³
ISO 1183
メルトマスフローレート(MFR) (220°C/10.0 kg)
g/10 min
ISO 1133
成形収縮
%
ISO 294-4
吸水率
    ISO 62
飽和, 73°F
%
 
平衡, 73°F, 50% 相対湿度
%
 
機械特性
公称値
単位
テスト方法
引張弾性率
psi
ISO 527-2/1
引張り応力
     
降伏点
psi
ISO 527-2/50
降伏点, -40°F
psi
ISO 527-2
降伏点, 176°F
psi
ISO 527-2
引張り歪み
     
降伏点
%
ISO 527-2/50
降伏点, -40°F
%
ISO 527-2
降伏点, 176°F
%
ISO 527-2
破断点
%
ISO 527-2
曲げ強度
psi
ISO 178
衝撃特性
公称値
単位
テスト方法
シャルピー衝撃強度(ノッチ付) (73°F)
ft·lb/in²
ISO 179/1eA
シャルピー衝撃強度(ノッチなし) (73°F)
 
ISO 179/1eU
ノッチ付アイゾット衝撃強度 (73°F)
ft·lb/in²
ISO 180/1A
熱特性
公称値
単位
テスト方法
荷重たわみ温度
     
66 psi, アニールなし
°F
ISO 75-2/Be
264 psi, アニールなし
°F
ISO 75-2/Ae
ビカット軟化温度
°F
ISO 306/B50
線膨張係数 - 平行
in/in/°F
ISO 11359-2
燃焼性
公称値
単位
テスト方法
燃焼定格
    UL 94
0.031 in
 
 
0.06 in
 
 
特徴
特徴 may also be described by the following terms: High Flow, High Melt, High MFI, Platable.
用途
用途 may also be described by the following terms: Bathroom Accessories, Appliance Components, Appliance Parts.
規格、標準、規制、認可関連
This plastic material has 1 certifications from the following agencies (the number in parentheses shows the number of certifications for that agency): FDA (1).
Available Documents
Technical Datasheet (English)
射出成型
公称値
単位
 
乾燥温度
°F
 
乾燥時間
hr
 
成形(溶融)温度
°F
 
金型温度
°F
 
Injection Velocity
in/min
 
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2020の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。