Braskem PE HA 7260 データシート

高密度ポリエチレン

Braskemで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
HA7260 is a high-density polyethylene, developed for the injection molding, easy to process and with high productivity. This resin has a good melt flow with high rigidity and hardness. Its narrow molar mass distribution results in a low tendency to warpage.

Application:
Pails & basins, Toys, Lids, Thin-walled parts and Housewares

Process:
Injection Molding
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • ラテンアメリカ
  • 欧州
 
特徴 
  • 低反り
  • 分子量分布、狭
  • 加工特性良好
  • 流動性良好
  • 高剛性
  • 高硬度
用途 
  • おもちゃ
  • ペール
  • 家庭用品
  • 薄肉部品
規格、標準、規制、認可関連 
成形方法 
  • 射出成形
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度 / 比重
 
ASTM D792
メルトマスフローレート(MFR) (190°C/2.16 kg)
g/10 min
ASTM D1238
耐環境応力亀裂 (122°F, 0.0787 in, 100% イゲパル, 圧縮成形, F50)
hr
ASTM D1693
機械特性
公称値
単位
テスト方法
引張り強度 (降伏点, 圧縮成形)
psi
ASTM D638
引張り伸び (降伏点, 圧縮成形)
%
ASTM D638
曲げ弾性率 - 1%シーカント (圧縮成形)
psi
ASTM D790
衝撃特性
公称値
単位
テスト方法
ノッチ付アイゾット衝撃 (圧縮成形)
ft·lb/in
ASTM D256
硬度
公称値
単位
テスト方法
デュロメーター硬度 (支柱D, 圧縮成形)
 
ASTM D2240
熱特性
公称値
単位
テスト方法
荷重たわみ温度 (66 psi, アニールなし, 圧縮成形)
°F
ASTM D648
ビカット軟化温度
°F
ASTM D1525 2
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Good Flow, High Hardness, Hard, Narrow Molecular Weight Distribution, Narrow MW Distribution, Good Processability, Easy Processing, High Rigidity, Low Warpage, Low Warp.
用途
用途 may also be described by the following terms: Toys, Household Goods, Housewares, Thin-walled Parts, Thin Walled Parts, Thin-wall Parts, Thin wall Parts, Thinwall Parts, Lids, Pails.
規格、標準、規制、認可関連
This plastic material has 1 certifications from the following agencies (the number in parentheses shows the number of certifications for that agency): FDA (1).
Available Documents
Technical Datasheet (English)
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
2負荷1(10N)
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。