FHR EPS R-MER II® 5627 (1.75 lb/ft³) データシート

発泡ポリスチレン

Flint Hills Resources, LPで提供さ

Create your free Prospector account to view this complete product datasheet. A free account includes access to hundreds of thousands of detailed technical datasheets. 無料アカウントを作成しましょう
製品説明
R-MER II® Grade 27 expandable resin is a high performance resin product designed to provide enhanced fracture resistance and improved multiple impact properties for premium cushion foam packaging. Flint Hills Resources R-MER II® resin may be expanded and molded using conventional EPS equipment and recycled using conventional EPS technology.
一般  
供給体制 
  • 供給可能
供給可能地域 
  • 北アメリカ
特徴 
  • リサイクル可
  • 亀裂耐性良好
  • 耐衝撃性
用途 
  • パッケージ
  • 発泡
 
RoHS遵守 
形状 
  • ペレット
物理特性
公称値
単位
テスト方法
密度 / 比重
 
ASTM D792
吸水率 (平衡)
%
ASTM D570
機械特性
公称値
単位
テスト方法
曲げ強度
psi
ASTM D790
圧縮強度
    ASTM D695
10% 歪み
psi
 
20% 歪み
psi
 
50% 歪み
psi
 
フィルム
公称値
単位
テスト方法
水蒸気透過
g/100 in²/24 hr
ASTM E96
熱特性
公称値
単位
テスト方法
最高継続使用温度
°F
ASTM D794
追加情報
The value listed as Density-Specific Gravity, ASTM D695, was tested in accordance with ASTM C303.
The values listed as Compressive Strength, ASTM D695, were tested in accordance with ASTM D1621.
The value listed as Flexural Strength, ASTM D790, was tested in accordance with ASTM C203.
The value listed as Water Absorption @ Equil, ASTM D570, was tested in accordance with ASTM C272-91.
Flexural Deflection, ASTM C203: 2 in
Thermal Resistance, R-value, ASTM C177: 5
Compressive Creep, ASTM D3575, 1000 hrs @ 2.5 psi: 1%
Compressive Creep, ASTM D3575, 1000 hrs @ 5 psi: 1%
特徴
特徴 may also be described by the following terms: Good Crack Resistance, Crack Resistant, Good Impact Resistance, Recyclable Material.
用途
用途 may also be described by the following terms: Foam, Packaging.
Available Documents
Technical Datasheet (English)
ノート
1一般的なプロパティ:これらは仕様として解釈されるものではありません。
 
UL および ULロゴはUL LLC © 2021の商標です。全権留保。
本データシートに表示されている情報は、UL Prospectorが材料の生産者より取得した情報です。UL Prospector は本データの精度を保証するために多大なる努力を払っています。しかしながら、UL Prospectorはデータ値に対してなんら責任を負わないものとし、最終的に材料を選択した場合に、材料サプライヤーとデータポイントを検証することを強くお奨めいたします。